fc2ブログ

君といつまでも

ふたりを、夕やみが、つつむ、この窓辺に~~~
1965年リリース、加山雄三さんのヒット曲です。



4/4拍子 3連のバラード (6/8で感じる人もいるかもね)
バックに流れるストリングス、フルートのオブリガートがええね~。
すごくおしゃれに感じます。

「君といつまでも」は、ジャズのスタンダード「On The Sunny Side Of The Street」を
参考にして作られたそうです。フランク・シナトラ盤を聞いてみましたが、少し似てるかな??



それにコード進行は半年前にヒットした「恋は紅いバラ」とすべて一緒だということです。
(キーも同じみたいやね~。)



この経緯は朝日新聞連載の「人生の贈りもの」に、ご本人談として書かれていました。
新聞記事3


この記事の中で大いに共感したのが↓
【他の曲を真似しちゃいけないなんて全然知らなかったな。
だけど、音楽っていうのは誰かをみんな真似していて、それで繋がっているんだよな。
残っていくような良い曲は、何か別の曲に似てることが多い。】

音楽は追及するほど多くを聞き、深く聞くことになります。
アドリブではどれだけ多くのフレーズが知識としてあるかが肥しであり
作曲する際にはどこかで聞いた曲ができるのは当たり前で
それをことさらパクリとか騒ぐのはどうかな~?と
不肖自分も思っていてブログ記事にしたことがありました。
クマーナ


コメントの投稿

非公開コメント

加山さん大好きです

つーさん、こんにちは!
この新聞記事!私も読んで取ってありますっ(≧▽≦)

どっとかというと、「恋は赤いバラ」のほうが好き!
歌詞もぐっときちゃう~
「愛しているよと君に言い耐えけど、そのくせ怖いんだ。」
こんなこと言われたら、女性は皆コロリですよ~


No title

こんにちは。
毎日酷暑でたいへんですね。
ご自愛ください。


また、一緒なことがありましたか。
同じ新聞記事を愛読してたなんて・・・びっくりです。

恋は紅いバラの歌詞、すごい
加山雄三さんのような男前が言うから、似合うんでしょうね~。
プロフィール

tucson

Author:tucson
好きな曲の範囲は狭く、偏狭的ですが音楽大好きです。
いい年ですがアマチュアバンドで下手なドラムを叩いています。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事
訪問者数
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR