fc2ブログ

砂の器

松本清張作の小説で、1974年映画化(松竹)されました。
TVで何回もドラマ化されており原作の人気の高さが伺えます。



東京蒲田操車場で起きた殺人事件。
被害者は人相がわからないほど顔が潰された状態で発見され
強烈な殺意によるものと推察される。

殺人事件本部が設置され、事件担当の今西刑事(丹波哲郎さん)らの
聞き込みにより、蒲田駅付近の酒場で被害者らしきズーズー弁の男二人がしゃべっていた
「カメダ・・」が手掛かりになる。
それからの捜査、スマホも新幹線もない時代の、刑事たちの移動方法や連絡方法が
あ~そうやったな~と昭和時代に戻されます。


らい病(ハンセン病)と呼ばれた感染症への差別を取り上げて殺人事件と絡めた社会派小説で
松本清張さんならではの名作です。
らい病を患っているものの生きていく術は、人に関わらないように放浪するしかないのか??


涙が止まらず、不覚というような思いはどこかに行ったようで
それはそれは素晴らしい映画でした。
映画の感動が原作と変わらない珍しい感覚でした。





バグダッド・カフェ

1989年公開の映画。約34年前の映画でも古さを感じませんでした。
古い映画って、バックの音楽で古さを感じることが多いのですが
この映画の主題曲「Colling You」のおかげか?



映画の冒頭から「Colling You」が流れてきます。
何とも映画に合っていない感じですが、聞けば聞くほど引き込まれます。
映画のストーリーをなぞるように語りかけるAメロ8小節
頭の芯まで強烈に響くサビ8小節、このサビのメロディにやられました。


アメリカ西海岸に近いルート66沿いにある古びて汚い
GS・カフェ・モーテル 「バグダッド・カフェ」。
ここの住人の女性ブレンダと、歩いて訪れた変わり者ドイツ人女性
ジャスミンの関わりを、描いていくだけのストーリーですが
乾いた砂漠の映像と二人の心情の変遷がとてもよかったです。

ジャスミンがビザの期限切れでここから出ていきます。
せっかく繁盛するようになった「バグダッド・カフェ」も元の
寂れた場所になりますが・・・・彼女は帰ってきます。
ブレンダと再会するシーンでは、不覚にもホロっときました。






音楽・映画・本どれも感じ方は人それぞれ。
それにこの映画は西ドイツの作品やって、ハリウッド映画と違うんや!
びっくりですな。







プロフィール

tucson

Author:tucson
好きな曲の範囲は狭く、偏狭的ですが音楽大好きです。
いい年ですがアマチュアバンドで下手なドラムを叩いています。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事
訪問者数
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR