fc2ブログ

鈴懸の径



元歌は1942年、灰田勝彦氏の3/4拍子の歌謡曲。
その後1954年頃、鈴木章治とリズムエースで4/4拍子4ビートにアレンジしたものがヒット。

マイナーなメロディにクラリネットのもの悲しい音色はよく合います。
それにブラシで刻む4ビートとなると、おしゃれな感じも加わって
日本人にぴったりやね~。









ハコバン時分、リズムエースのものをバンマスがコピーして好んで演奏していました。
全体的にジャズ風というだけでジャズには程遠いな~。(T_T)


ジャズ風ですから各楽器のアドリブが、聞かせどころの筈なんですが・・

アドリブは16小節ずつ、以下の順番

クロマチックハーモニカ(バンマス)
キーボード
レキントギター
エレキギター

キーボード、レキント奏者は、バンマスから渡された譜面を見て
毎回同じメロディを弾いてたな~。これはアドリブとは言えんな。

エレキギターとバンマスはアドリブができたので、それぞれ自分のパートはアドリブ。

写真の譜面で、2番カッコ5小節目からのアドリブ16小節がレキントのフレーズ。
鈴懸の径1
鈴懸の径2

メンバー全員譜面は読めましたが、初見が強いのはバンマス、レキント。
初見が強くて、アドリブも自在にこなせるというのはバンマスのみ。
これが「至難の業」やねん。



鈴懸の径とは関係ありませんが
譜面なんか全然分からんでも上手い人はいるし、音楽するのに
関係ないやん・・と言う意見もありますが??・・・・

オタマジャクシと言う「字」があって、それを書いてあるノートが譜面であり
バンドメンバーに曲の詳細を伝えるには、譜面が一番・・と思うわけです。

偏狭的なワタクシとしては
「譜面の初見が強い(読めるだけでなく)」
「アドリブが上手い(メロディック)」
「リズムがしっかりしている」
この三つが、ミュージシャンのプロとアマの大きな壁やと思っています。
その壁は無茶苦茶高いし、困難で、悔しいけど全部門で挫折しました。




クマーナ

ラテン(サンバ)のスタンダードとして有名曲。
運動会で流されてた記憶があるな~。




 
ハコバンのとき、バンマスのクロマチックハーモニカをフィーチャ-したこの曲を
ちょくちょく演ってました。シンコペーションの多い16分音符の続くメロディは
吹き吸いがあるハーモニカでは難儀なようで、終わったら息切れしてた。





ラテンビッグバンドでの演奏が多い中、こんな演奏を見つけたで。
ゴキゲンやね~。( ^ω^ )





この曲を半分くらいにテンポを遅くしたら、こうなりました。
クマーナ テンポ1/2

どっかで聞いたことがあります。そうです。
半世紀ぐらい前のヒット歌謡曲「いいじゃないの幸せならば」相良直美さん曲です。
面白いな~。この曲の作曲者は故いずみたく氏。
曲を作るときこのことを知ってたんやろか?? 知ってたと思うけど・・・・


もう一つありまっせ、こちらです。
クリス・モンテスの「愛の聖書」




自分は音楽のパクリなんて全く気にせーへんし、あって当たり前。
作曲したメロディが著作権で保護されるなんて、おかしいと思う人間ですぅ。
作曲するときは自分が今まで聞いたり、勉強したりした音楽の一部が出てくるって
普通やと思います。

ただし、編曲されてイントロからエンディングまで完成された一曲丸ごとのの著作権は
制作に携わった人の努力があるし保護されてもいいかな~なんて思います。





64(ロクヨン)

横山秀夫作サスペンス小説

もう圧巻というか、怒涛のように迫ってくるような感じで
あっという間に読み切ったわ。(2回目を読書中)
畳みかけるようなストーリーの展開に、前のページを何回見返したことか。


たった7日間しかなかった昭和64年に起きた少女誘拐事件。
所轄のD県警察内部では64(ロクヨン)という符丁で呼ばれ、被害者が殺され
未解決のまま14年経ちもうすぐ時効を迎える。

D県警察の警務部広報官の三上は、当時現場に詰めていた刑事。
今は新聞・TVの記者クラブ対応を中心として、刑事部発表の事象を
どこまで記者クラブに伝えるか苦悩しています。

たたき上げの刑事とキャリア出身者とのドロドロした、警察の内幕を丁寧に書いてあり
現実はこうかな~と思わせる。
主人公三上の心情は特に細かく描写されるので、感情移入してしまいました。



映画も観ました。かなり忠実に作ってあったけど中身の濃さでは原作には及びませんな~。
主人公の三上は不細工で強面な人相のイメージやけど
佐藤浩市さんが男前すぎるわ。





プロフィール

tucson

Author:tucson
好きな曲の範囲は狭く、偏狭的ですが音楽大好きです。
いい年ですがアマチュアバンドで下手なドラムを叩いています。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事
訪問者数
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR