fc2ブログ

悲しき願い

アニマルズのヒット曲・・がこの曲への認識でしたが、オリジナルが別にあるんですね~
びっくりです。(゚д゚)

ニーナ・シモンのリリースが最初でアニマルズは2番目。
次にアニマルズ曲をカバーしたのが尾藤イサオさん、続いて
サンタ・エスメラルダのディスコバージョンのようです。(ウィキより)
尾藤イサオさんは、サンタ・エスメラルダのカバーバージョンを、後に再リリースしています。

ニーナ・シモン スローバラードでこれにはびっくり。


これぞ本家と思っていました。懐かしい~!


ディスコバージョン、ゴキゲンです。



11/17にドラムの助っ人でライブがあります。
半年前と同じメンバーでのライブですが、その中でこの「悲しき願い」ありまして
尾藤イサオさんバージョン(新)をカバーするとのことです。
このように記すとなにか上手そうに見えますが、アマチュアバンドでっせ。

で、聞いてみましたが、衝動的でした。
このバージョンは1978年に再リリースされたものです。


私は、日本語でカバーした洋楽ものは、NGと強い偏見を持っているんですが
そのことがひっくり返りそうな素晴らしいアレンジです。
サンタ・エスメラルダのフラメンコ、サルサなどのディスコ風を真似した感はあっても
それをも乗り越えたものだと思います。

色々ありすぎて・・
①2回目Aメロのウラに流れるマリンバ?かな。16音符フレーズ
  (お前をベイビー、俺のものに・・のウラ)
②サビに入る前、この曲のタイトルのようなメロディが4回(8小節)出てきますが
  この8小節がゴキゲン。(少し採譜・・しました)
悲しき願い2

③サビ(16小節)の後半、ストリングスのオブリガート。グーッと迫ってきます。
  (ベイビー、もうこれ以上近寄らないで・・のウラ)

1978年はハコバン生活の終盤、当時でこんなアレンジがあったなんて
邦楽も捨てたものではないですね~。でもこの曲の良さを、当時聞いて理解できたかな~?

採譜して気づきましたが、キーが♭6個のB♭m。
確かアニマルズはAmでしたから半音高くしてあります。そのままの方が優しいのにね~。
彼ほど歌が上手ければ半音低いぐらいは問題ないと思いますが
上手いからこそ、半音のこだわりがあるのかもしれません。

Devil in her heart

ビートルズ2枚目のアルバム「With The Beatles」に入っていた曲です。
シングルカットされていないし、そんなにメジャーな曲ではありません。


イントロ1拍ひっかけて入るドラムが印象的。
ジョンでもポールでもない声はジョージ・ハリスンです。
Aメロ+Bメロ(サビ)を3回繰り返し、Aメロに戻って終わり。
間奏がないのでずっと歌いっぱなしみたいな感じです。

原曲はアメリカの女性グループ「ザ・ドネイズ」。初期のビートルズに多いカバー曲で
オリジナルを忠実にカバーしているようです。


You tubeで見つけたMy favorite songです。
何がいいかというと、ボーカルとドラムです。
線は細いけどパンチのある声と、ハイハット・ベードラ・スネアだけで
上手くメリハリつけているドラマー。ゴキゲンです。



プロフィール

tucson

Author:tucson
好きな曲の範囲は狭く、偏狭的ですが音楽大好きです。
いい年ですがアマチュアバンドで下手なドラムを叩いています。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事
訪問者数
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR