fc2ブログ

Who'll stop the rain

CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)の曲。
雨を見たかい(Have you ever seen the rain)と同じく雨を題材にしたプチヒット曲。



今活動しているバンドのキーボード奏者(オッチャンです)は、簡単な譜面がいいと言うので
書き直しました。イントロ・エンディングで繰り返されるメロディは
雨だれの音を表しているようで、やはりピアノが最適かな。

初代TWO SUNSでのスタジオリハです。


簡単なコード進行に簡単なリズムなので、演奏も簡単そうですが
問題になるのがいつも同じ悩みのコーラスです。
この曲では”and I wonder, still I wonder, Who’ll stop the rain”を3声でハモります。

初代TWO SUNSでは、コーラスが得意な女性メンバーがいたので安心でしたが
今のメンバーで、ボーカル以外は、私を含めて元来歌が上手いわけではないので
音程が定まらずなおかつハモリのメロディを歌うのは大変です。
それも楽器を弾きながら。

繰り返し練習しかないですね~。(T_T)



話は変わりますが、
長年ドラムを担当しているのに、ドラムのチューニング・メンテナンスが苦手です。
自分のスネアも、最初の2~3回チューニングしたきりです。
本当は、自分のスネアを「いいな」と感じる音までに調整するべきでしょうが。


マイスネアです。リハでもライブでも使うことは滅多にありません。(勿体ないな~)

マイスネア2


こだわりがないのかもしれません。
ベードラペダルでも同じく、スタジオに自分のものを持っていくほどのこだわりはないです。
スタジオにあるもので十分。
引っ掛かりがあったりするのは思いどおりできないような気がして、替えてもらいます。


ハコバンの頃の話ですが、対バンの時ドラムは片方のドラマーのものを借りることになります。
借りるとなると、対バンが同じ系統のコーラスバンドであれば問題ありませんが
ジャズ系コンボバンドや9ピース以上のバンドだとチューニングがジャズ系なのです。

ベースドラム、タム類は全般的に硬くパンパンに張っています。
(ほとんどのジャズ系ドラマーはそうでした)
スティックの跳ね返りが強く自分のセットとは全然違います。
トップシンバルは、ぶ厚く超ヘビーで、余韻が少なく
当時流行の垂直に近い角度にセットしてあり、随分やりにくかった記憶があります。

借りている立場なので自分なりのセッティング・チューニングはしにくいですし
バンドチェンジの曲(3拍子の曲)を流している20~30秒の間にそんなことはできません。
すぐ曲の演奏です。そのままでやるしかないのです。

他人の楽器で(自分の好きではない音で・・)演奏することに慣れっこになっているので
・・・・スタジオやライブのとき自分のスネアやペダルを持参しません。

ただ・・邪魔くさいことが嫌なだけの、いい加減な性格なので
持ち運びしない言い訳かな(笑)


北海道明治カップ

今札幌です。

あの渋野日向子さんが出るという天吊広告を、札幌到着前の電車の中で見ました。
場所も札幌から近いし前売り2000円で格安です。
急遽予定変更して、現地に行こうとなりました。

札幌国際カントリークラブ島松コース、アウト9番ロングホールのティーグラウンド
(今はティーイングエリアですか・・)目の前で

原英莉花
小祝さくら
申ジエ
渋野日向子
稲見萌寧
河本結

の各プロ選手のティーショットをすぐ目の前で見ました。
原選手のボール初速が一番速かった。それにしても曲がりませんね~。
出だしアウト1番のセカンド地点でも待っていましたが
30ヤード程度の範囲の同じ場所に、全員持ってくる感じです。
プロはすごい!!

選手の写真をコースで撮りたかったのですが、コース内禁止です。
残念ながら他の感じを撮りました。

入り口
明治カップ1

選手のいないアウト1番コース
明治カップ2

最終18番においてある優勝者への副賞
明治カップ3






プロフィール

tucson

Author:tucson
好きな曲の範囲は狭く、偏狭的ですが音楽大好きです。
いい年ですがアマチュアバンドで下手なドラムを叩いています。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事
訪問者数
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR