fc2ブログ

What a wonderful world

今年の夏は暑い。
豪雨、多い台風などの異常気象も大変ですが、暑さが尋常ではない。
私は暑さに強いですが、弱音を吐きそうです。


今回はルイ・アームストロングの代表曲?かな。
You Tubeの動画で見る歌詞が良いですね~。こんな気持ちを持ちたいものです。
それに歌詞とだみ声が、不思議とマッチしています。



2005年、ハリケーン「カトリーナ」がアメリカ南部を襲った少し前の5月
ニューオーリンズに行きました。
バーボンストリートの近くにあるジャズバー「プリザベイションホール」で
この曲を聞きました。

歌も演奏もよかったのですが、驚いたのはホールの音響設備です。
PAやらマイクやら一切ありません。ドラムもピアノもトランペットもテナーサックスも
はてさて歌までもすべて“生”です。
小さなマイクや、見えないようにスピーカーを設置してあるのでは?と探しました・・・・・
ない!

歌が聞こえるはずがないと思いました。それが曲が始まると
上手い歌が圧倒的に聞こえてきます。全体のバランスも文句なし。
40~50才くらい黒人トランペッターが歌っていました。
ピアノはアップライトで日本人女性。

歌の時は演奏音を抑えているとは思いますが、ホールの響きだけで
こんなに感動するとは、そのことが感動でした。

一番後ろで背伸びしても少ししか見えず、横に回っても壁の間から
しか見えずのライブ鑑賞で、鳥肌もんでした。
ここの写真、動画を残していないのが悔やまれます。

数少ないニューオーリンズの写真。(キャナルストリートの路面電車)
DSCF0006_20180830220435b22.jpg

Sing Sing Sing

今年も札幌に来ました。元気に来ることができて嬉しいです。

殺人的な猛暑の大阪と比べると天国で、今日の最高気温26度。
距離約1000km離れるとこんなに気候が変わるのかびっくりです。
今回の宿泊地
宿泊地


今回の曲は、ベニー・グッドマンの演奏で有名な「Sing Sing Sing」。
You tube で見つけたこのライブ、原信夫とシャープ&フラッツの演奏です。
しびれますね~。


プロの演奏テクニックをまざまざと見せてくれます。

クラリネット、アルトサックス、テナーサックス、トランペットとソロがありますが
何より音色が綺麗、特に2人目のクラリネット。
艶やかな音でメロディックなソロに聞き入りました。
この方、ソロ以外ではアルトサックス担当ですね。

アンサンブルの時、フレーズに合わせてドラムがアクセントを出しています。
これはアレンジだと思いますが、ドラムをやっている身としては最高です。
生で聞きたかったです。

他にも同じ曲の映像がありますが、ダントツに良いです。
プロフィール

tucson

Author:tucson
好きな曲の範囲は狭く、偏狭的ですが音楽大好きです。
いい年ですがアマチュアバンドで下手なドラムを叩いています。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事
訪問者数
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR