fc2ブログ

砂の器

松本清張作の小説で、1974年映画化(松竹)されました。
TVで何回もドラマ化されており原作の人気の高さが伺えます。



東京蒲田操車場で起きた殺人事件。
被害者は人相がわからないほど顔が潰された状態で発見され
強烈な殺意によるものと推察される。

殺人事件本部が設置され、事件担当の今西刑事(丹波哲郎さん)らの
聞き込みにより、蒲田駅付近の酒場で被害者らしきズーズー弁の男二人がしゃべっていた
「カメダ・・」が手掛かりになる。
それからの捜査、スマホも新幹線もない時代の、刑事たちの移動方法や連絡方法が
あ~そうやったな~と昭和時代に戻されます。


らい病(ハンセン病)と呼ばれた感染症への差別を取り上げて殺人事件と絡めた社会派小説で
松本清張さんならではの名作です。
らい病を患っているものの生きていく術は、人に関わらないように放浪するしかないのか??


涙が止まらず、不覚というような思いはどこかに行ったようで
それはそれは素晴らしい映画でした。
映画の感動が原作と変わらない珍しい感覚でした。





バグダッド・カフェ

1989年公開の映画。約34年前の映画でも古さを感じませんでした。
古い映画って、バックの音楽で古さを感じることが多いのですが
この映画の主題曲「Colling You」のおかげか?



映画の冒頭から「Colling You」が流れてきます。
何とも映画に合っていない感じですが、聞けば聞くほど引き込まれます。
映画のストーリーをなぞるように語りかけるAメロ8小節
頭の芯まで強烈に響くサビ8小節、このサビのメロディにやられました。


アメリカ西海岸に近いルート66沿いにある古びて汚い
GS・カフェ・モーテル 「バグダッド・カフェ」。
ここの住人の女性ブレンダと、歩いて訪れた変わり者ドイツ人女性
ジャスミンの関わりを、描いていくだけのストーリーですが
乾いた砂漠の映像と二人の心情の変遷がとてもよかったです。

ジャスミンがビザの期限切れでここから出ていきます。
せっかく繁盛するようになった「バグダッド・カフェ」も元の
寂れた場所になりますが・・・・彼女は帰ってきます。
ブレンダと再会するシーンでは、不覚にもホロっときました。






音楽・映画・本どれも感じ方は人それぞれ。
それにこの映画は西ドイツの作品やって、ハリウッド映画と違うんや!
びっくりですな。







Westan(Once upon a time in the west)

Westan2.jpg


TV録画していた映画を見ました。
ヘンリー・フォンダ、チャールズ・ブロンソン主演の西部劇。
そしてセルジオ・レオーネ監督のマカロニウェスタン。

西部開拓時に鉄道が敷設され、駅ができ、街ができていく様子が
ジョン・ウェインの西部劇にもありそうですが
埃っぽいというか印象が違います。マカロニウエスタン独特の色があります。


主人公の女優はなんとクラウディア・カルディナーレ。
彼女が出てきたとき一瞬アン・マーグレットかと思いました。



まあ顔のアップが多い映画、冒頭から延々と見せられた感がありますな~。


それなりに面白かったですが、発砲シーンや銃に打たれるシーンはもっと現実的に
えぐく撮ってほしかったです。


音楽担当がいつもタッグを組むエンニオ・モリコーネ。
ブロンソンの吹くハーモニカのメロディと
時々出てくるバンジョーのメロディが耳について離れません。
映画ウエスタンに流れるメロディ-1



この映画製作の裏話がかいてあり面白いです↓
映画「ウエスタン」のコラム








マイ・インターン

ロバート・デ・ニーロ アン・ハサウェイ主演
2015年10月に封切公開されたヒューマンドラマ。
タイトルだけ見ると、研修医学生が主人公の・・・と思いました。

マイ・インターン


良かったでんな。2回も観てしまいました~。

ロバート・デ・ニーロ扮する70歳のおじいさんが、新しく就職した会社で
若い社員とともに仕事を頑張る、高齢者必見の映画です。
会社の社長役アン・ハサウェイが別嬪さんやね~。



社長専属のシニア・インターンとして配属されたロバート・デ・ニーロ。
初めは社長からのメール待ちが仕事だったが、自分のできることを
出しゃばらずにやっていくごとに、若い同僚から慕われるようになる。

社長送迎の運転手をやることになり、同じように接するが
そのことが社長アン・ハサウェイから見ると
でき過ぎていてわずらわしさを感じ、配属を外されることに・・・


続きはツタヤorアマゾンプライム~かな~~




恐怖の報酬

1977年の封切された、ウィリアム・フリードキン監督のサスペンス映画。
封切当初は92分の短縮版であり、全編121分の完全版が再封切されたのは
2018年11月「恐怖の報酬【オリジナル完全版】」として。
理由の詳細はウィキにてどうぞ


もともとは、1953年アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督、出演がイヴ・モンタンの
フランス映画のリメイクやって。




衝撃を与えればすぐさま爆発するニトログリセリンをトラックで、300キロ先に運ぶ4人の男たちの
手に汗握るストーリーに圧倒されハラハラ・ドキドキの連続ですごくおもしろかったわ~。

超貧しくて、汚らしい南米の町にその4人が来た理由は、前半で描いてますが
説明がないので最初は何がなにやら??後になって分かってきます。



貧しい、汚い街を走る車や飛んでくる飛行機の汚いこと。
ドロドロのぬかるんだ道路、洗面所(水洗い場)の汚い洗面器。
ロイ・シャイダーが水道から出る水を飲むシーンでは、思わずその水大丈夫か~?
と突っ込んだわ。

そして、水は水道ではなく、井戸か雨水を溜めた水がめからやろう・・・とも思いましたとさ。


音楽はタンジェリン・ドリームという電子音楽主体のバンドらしい。
映画を見てしばらくは繰り返されるこのメロディが耳から離れんかったな。








プロフィール

tucson

Author:tucson
好きな曲の範囲は狭く、偏狭的ですが音楽大好きです。
いい年ですがアマチュアバンドで下手なドラムを叩いています。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事
訪問者数
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR