fc2ブログ

Too Many Rules

邦題「大人になりたい」
1961年リリース、コニー・フランシスのヒット曲。

これもオールディズ曲とあってバンドでやることになりました。



1番~3番まであって、それぞれ半音ずつ(F、F♯、G)転調していきます。

写真がコーラスの譜面ですが、コーラスは「トゥーメーニールール」と
歌うサビからメロディ終わりまでのハモリです。

Too Many Rules コーラス-1
Too Many Rules コーラス-2


コーラス部3音の中で下音が自分の担当になりました。

ハモリ直前の音がハモリの出だしと同じ音だったので、「楽勝や」と思いましたが
そうはイカの××猫がひっぱるやで~(笑)、思い通りにはいけへん。

ハモリの旋律がなかなか難しく、曲を流しながらだと音が取れません。

練習あるのみと、練習用の音を用意しました。
①カシオSA-46  曲コピーをするとき使っているミニ鍵盤キーボード
DSCN0921.jpg

②サンヨーICR-PS-401RM  音のいいボイスレコーダー(ステレオ)みたいなもの
IMG_0002.jpg

①にミニヘッドホン端子があり、②がライン録音できたので、ハモリの旋律を②に録音。
こんな感じです↓ 
Too Many Rules organ練習3


追加でPCから原曲を②に録音。

原曲とハモリの音を交互に、片耳だけにイアホンを付けて流します。
音を流しながら、声を出します(マスク必要)。

イアホンからは原曲、空いている耳からは自分の声が聞こえます。

マスクをしていると自分の声がよく聞こえるので、原曲と合っているか外れているか
分かりやすいです。

音程が悪い方なので出来栄えは保証できませんが、練習にはなります。

スタジオリハでどうなるか?どう考えても1回では無理やな~

バンドボーカルのキーが原曲と同じやったので幸いでした。





それにしても、イアホン聞きながら、外れた変なメロディを歌ってる変な爺さん。
自転車通勤やし、そばを通った人からは笑われてるやろうなと・・トホホ

変な爺さんで結構、練習の方が大事や。














Diana

オールディーズの代表的な曲。
ポール・アンカの作、歌で1957年リリース。



バンドでやることになり、コーラスを譜面化するのに改めて聞きこみました。
Diana-1.jpg


キーG(ト長調)#ひとつ

イントロ→ 循環コード(G、Em、C、D7)4小節
Aメロ → 循環コード4小節×4=16小節(1番)
間奏  → イントロと同じメロディ4小節
Aメロ → 繰り返し(2番)
サビ  → 8小節
Aメロ → 繰り返し(3番)
エンディング

とまあ、至極簡単です。メロディも4分音符中心で
英語歌詞も4分音符に一つの言葉みたいで歌いやすそう。

好きなフレーズはサビCからCmになるところ。
メロディがミからミ♭になり、ブルーノートみたいな感じですが
コードも一緒にマイナーになっているし理解不能です。


コーラスも簡単なものです。でも音を取られへんのでね~、どうなりますか??

アマチュアバンドでは演奏と歌なら何とか形になりますが
コーラスとなると、一気にハードルが高くなります。

声を出しながら演奏する難しさは、ほんまにたいへんです。
自分のようにドラマーがコーラスするのは頼る音が手元にないので
メロディなどからの離れ度合いを感覚で覚えるしかありません。

コーラスの上手いアマチュアバンドはYou tubeでもなかなか見られませんな。
コーラスのバランスも難しい・・・・

こちらはエンディングを拝借したバンドです。
うまいですね~ほぼ毎日店で演奏している、セミプロかな?
すごい練習をしていると思います。










Venus

1969年ショッキング・ブルーの大ヒット曲。

コピー曲、カバー曲プロアマ問わずたくさんあります。
こちらは一番好きな動画。
イントロ、バッキング、ギターソロなどなど少し変えてゴキゲンな「Venus」になっています。
ギターソロええね~。
原曲の特徴であるイントロB7sus4のコードとバッキングの印象は薄くなっていますが
納得です。



15年ほど前のバンド録音







バラ バラ

1967年日本で発売、この年よくヒットしたそうです。



12小節を繰り返す、ブルース形式のロックンロール。
歌詞は「マイベイビバラバラ」と「バラバラ」だけ
ノリ易いのでライブで最適やと思いますが
バンドでやったことはなかったですな。

やってみると面白くないかも・・・何となくそんな気がする。



そんなに気に入った曲でもないのにブログで取り上げたら
あかんやんけ・・・ですが、記事にしたら「バラバラバラバラ・・」が
気になりだして口に出てしまうわ。



Da Doo Ron Ron


1963年 女性ボーカルグループ「クリスタルズ」のヒット曲。
Da Doo Ron Ron




BPM=150くらいでリズムはシャッフル、転がるような3連のノリがゴキゲン。
なんで転がるように感じるか?バッキングピアノでずっと3連を刻んでるからやね~、知らんけど(*^_^*)。

Aメロ=8小節
Bメロ(サビ)=8小節
繋ぎの2小節、合計18小節を3回繰り返します。
2番と3番の間にSax solo=8小節

キーは「E♭」
Aメロコード進行はE♭A♭B♭E♭E♭A♭B♭E♭
BメロはE♭A♭E♭B♭E♭A♭B♭E♭

ⅠⅣⅤⅠの繰り返しみたいで簡単なものです。
この進行(youtube受け売り)では7thコードがないですが、赤字の部分はB♭7でええのに・・

Drの譜面↓
Da Doo Ron Ron-1


6/24(土)ライブでした。それも名古屋で。
アマチュアのライブで名古屋遠征?初めての経験でした。
そのライブで演りました。 もう少しハイテンポの方がいい(反省です)








プロフィール

tucson

Author:tucson
好きな曲の範囲は狭く、偏狭的ですが音楽大好きです。
いい年ですがアマチュアバンドで下手なドラムを叩いています。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事
訪問者数
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR