The Heat Is On


映画Beverly Hills Copの挿入歌です。
1984年アメリカ映画とウィキにありましたので、日本での封切は1985年だったかな?


デトロイト市警のはみ出し刑事アクセルフォーリーが、ロスのビバリーヒルズ警察で
大活躍するアクション・コメディ映画です。

甲高い声に、超早口のエディ・マーフィ(アクセルフォーリー)の喋りが見ものです。
相手の1.5倍くらいは喋っているでしょうか。
いっぺんにエディ・マーフィのファンになりました。

この映画は字幕で見るべきだと思います。吹き替えだと面白さは伝わるでしょうが
英語での早口のすごさはわかりません。
早口トークを聞きながら、意味は字幕でをおすすめします。



挿入歌「Heat Is On」もゴキゲンです。映画が面白すぎてジーッと聞くことがなかったですが
このライブ盤を見るとバンドでもやってみたいですね~。


Born To Be Wild


アメリカンニューシネマの代表作「イージーライダー」挿入歌です。
残念ながら、映画も見ていませんし、ヒットも記憶ないな~(笑)

アメリカンニューシネマと言うと
 「俺たちに明日はない」のボニーとクライド
「明日に向かって撃て」のブッチとサンダンスなら覚えています。



イントロでは感じませんが、メロディに入ってからの8ビートがゴキゲンです。
ベースとギターのバッキングがいい。

1コーラスからオルガンソロ16小節+4小節終わったあとの2小節ドラムソロ。
このソロがこの曲一番のポイント。

1拍半フレーズを4回+2拍で2小節。アタマが行方不明になりますが(これがいい)
譜面で1拍ずつ書くと・・・・・・・・・
1拍半フレーズ




ペンタトニクスというアカペラグループが、この曲を取り上げていました。
曲の良さより、このグループの上手さに圧倒されました。

Cotton Fields

ボーカル&ギターが、二度の手術を乗り越えて元気に帰ってきました。(^-^)/
5月の連休明けから2か月半。途中練習リハを一回こなして・・・。

しょうもないダジャレや憎まれ口が、嬉しいです。


今回も3時間の練習リハのあと、退院祝いをしました。
退院して2週間でしんどかったかな?



スタジオ出来栄えは、満足です。
もっと練習して次のライブに備えたい。


Watermelon Man


ハービーハンコックのアルバム「Takin’ Off」で取り上げられたのが1962年とありました。
8ビートをジャズバンドでアレンジヒットさせた曲を、ジャズロックとか言っていました。
以前のブログ記事です。The in crowd

この曲はメロディ16小節、変則ブルース進行ですが、メロディが明るくて
ブルースという感じはしません。


You tubeで見つけたこの動画、ギターがゴキゲンです。
テンポがゆっくりでも、メロディやバッキングで16分音符が少なくて
8ビートのノリを楽しんでいるようです。
ドラムもおかずが少なく、私的に好ましいです。

それだけにアマチュアかな????と思わせますね。



それに引き換えこちらのフルート。鳥がさえずりあっているようなアドリブソロです。
16分音符中心で素晴らしいテクニック、ノリ
これぞプロと思わせるゴキゲンなものです。

早期発見


先日胃カメラ検査をしました。結果は、逆流性食道炎とのことでした。


胃酸が多いか、胃の出口が緩んでいるか、しているので
酸が食道出口付近まで上がっている(逆流している)のだそうです。

だから、胃がシクシク痛かったんです。

胃がんのリスクがあるのでと(炎症止め+胃酸抑制剤)を貰いました。


最近ビールの量が増えているのも影響があるかな~。

こんなに暑いときはビールのおいしさには負けそうやし・・・・

難し~い~問題です。


バンドメンバーに検査を勧めたからには、自分も実行です。



記事とは無関係の写真です。(城崎付近)
城崎付近
プロフィール

tucson

Author:tucson
好きな曲の範囲は狭く、主観的ですが音楽大好きです。
好きな曲のどこが好きになったか・・・を紹介したいです。

最新記事
訪問者数
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR