Watermelon Man


ハービーハンコックのアルバム「Takin’ Off」で取り上げられたのが1962年とありました。
8ビートをジャズバンドでアレンジヒットさせた曲を、ジャズロックとか言っていました。
以前のブログ記事です。The in crowd

この曲はメロディ16小節、変則ブルース進行ですが、メロディが明るくて
ブルースという感じはしません。


You tubeで見つけたこの動画、ギターがゴキゲンです。
テンポがゆっくりでも、メロディやバッキングで16分音符が少なくて
8ビートのノリを楽しんでいるようです。
ドラムもおかずが少なく、私的に好ましいです。

それだけにアマチュアかな????と思わせますね。



それに引き換えこちらのフルート。鳥がさえずりあっているようなアドリブソロです。
16分音符中心で素晴らしいテクニック、ノリ
これぞプロと思わせるゴキゲンなものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tucson

Author:tucson
好きな曲の範囲は狭く、主観的ですが音楽大好きです。
好きな曲のどこが好きになったか・・・を紹介したいです。

最新記事
訪問者数
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR