New Band


今年の初め、長く続けていたバンド活動が終わりました。
厳密にいうと10年以上続いたバンドが解散したのは2012年9月でしたが
残ったメンバーでほそぼそと続けていたそれも、終わりました。

理由はいろいろありますが、趣味のバンド活動を続けるのは
そろそろ終わりかな~と思っていましたが・・・・・まだ気力が残っていました。

その気力で人が集まり、先週New Bandの練習がスタート。
女性ボーカル・女性キーボード・男性ボーカル&ギター・男性ベース・私の5人です。
以前のバンドで、一時期一緒にやったメンバーも再集合しました。

女性ボーカルが若いので、レパートリーは最近のものになりそうですが
当面は60~80年代の洋楽女性曲をやって行こうと思います。
男性ボーカルは60~70年代の洋楽中心です。
スタートはCCRからかな。

目指すは、11月ごろの初ライブです。


初練習録音です。
改善点はたくさんありますが、初めてのスタジオ練習だし合格かな?

夜桜お七

前記事に続き歌謡曲、坂本冬実さんのヒット曲です。

彼女は、少し鼻の詰まったような、サスティーンが効いたいたような声で
魅力的な歌を聞かせてくれます。

ピアノのバッキングからボーカルが入ってきたとき、音が外れているような
ジャズの不協和音の感じでこんな演歌はないで~~とびっくりしました。

ネットでコード譜を見つけたので、メロディと照らし合わせてみると
メロディはコードの音ですが、使っているコードがEm9・Fm7です。

バッキングのピアノでEm9(ミソシファ♮)に、メロディがシソソ ソソソファ#です。
そんなに変わった音使いではなさそうですが、ナインスコードが
不協和感を強く出しているのかもしれません。
夜桜お七 譜面

自分は音階スケールをあまり知りません。ここまでが精一杯です。

それにしても演歌(?)で、こんな感じを受けるなんて、すごいな~と思います。


その昔、洋楽(ポピュラー)を日本語でカバーした邦楽曲は、原曲を
台無しにしていると大嫌いでした。
太陽の彼方に
プロフィール

tucson

Author:tucson
好きな曲の範囲は狭く、主観的ですが音楽大好きです。
好きな曲のどこが好きになったか・・・を紹介したいです。

最新記事
訪問者数
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR