Smooth Operator

月曜日の大阪府北部地震、びっくりしました。
ゴーッと地響きの後、横揺れが20秒ほどでしたか。
阪神大震災と同じ震度4、揺れの時間が短かったです。

おかげさまで被害はありませんでしたが、怖さを改めて感じました。
その時、具体的にどう動くか等の準備が必要だと思います。


注意をしながら音楽の話です。
この曲をご存知の方は少ないかな~?
イギリスの女性ヴォーカル「シャーディ」の曲です。バンド名もシャーディ

20年くらい前でしょうか初めて聞いてから耳にしたのはその後数回。
この記事を書くまで真剣に聞くことはなかったと思います。

ミュージシャン名と曲の感じは覚えていました。

キャロル・キングの「It’s Too Late」を聞いた時と同じ感覚だったような・・。
都会的な感じの女性ボーカル、8ビート。曲の後半は2拍4拍の
スネアが強いせいか強いビートを感じてロックみたい・・・と思います。


シャーディのボーカルは気だるく投げやりで退廃的な感じが
しますが、そこが良いのかもしれません。


タイトル変更

ブログのタイトルを変更しました。

内容は変わりませんが、タイトルだけでも心機一転です。


今年の初めから使い出したフリーソフトのミューズスコア(MuseScore)
使えば使うほど素晴らしさにビックリします。音も出るんですよ。

見やすい譜面ができるし、書いた譜面の内容も音を出して確認できるし嬉しいです。

これでバンドメンバーに見やすい譜面を渡せます。
体裁だけは市販のものと同じものなんですから。
ミューズスコアの使い方

春がいっぱい

クリフ・リチャードのバックバンド「ザ・シャドウズ」の「春がいっぱい」です。



シャドウズは、ウィキペディアによると↓です。

歌手のクリフ・リチャードと組んだクリフ・リチャード&ザ・シャドウズとして
ザ・ビートルズが登場する前の1950年代後半から1960年代前半にかけて
イギリスのポピュラー音楽シーンをリードして、69曲をイギリスのヒットチャートに送り込んだ。
(クリフ・リチャードのバックバンドとして35曲、単独で34曲)

また、ビートルズ登場以前から4ピースのバンド編成を確立したパイオニアであり
大西洋を挟んでアメリカのベンチャーズと対峙する存在でもあった。



「春がいっぱい」はシャドウズ単独での楽曲となります。
拙ブログの初期に書きましたが、情景描写となる音楽の典型的なものでしょう。
中央アジアの高原にて

ブリッジから遠いところで弾くギターメロディは、柔らかくまさに「春」。

また、ストリングスのオブリガートが「春」を重ねるようです。

構成はギターメロディ、ギターアルペジオ、ベース、ストリングス
リズムは4/4拍子。ドラム(ブラシ)による3連バラードです。
ベースがスローの4ビートのように、4分音符中心で弾いているのが印象的です。

イントロ2小節
Aメロ  8小節×2回
Bサビ 8小節
Aメロ 8小節
この32小節がワンコーラスで、Bサビにダルセーニョして
Aメロに続きエンディング2小節で終わり。アドリブコーラスはありません。

You Can't Do That

ビートルズのアルバム「ア・ハード・デイズ・ナイト」の収録曲です。
こちらはオリジナル


曲構成は
2小節(ギターリフ)のあと
12小節(Aメロ、ブルース進行みたい)
12小節(Aメロ)
8小節(サビ)
12小節(Aメロ)
12小節(ギターソロ)
8小節(サビ)
12小節(Aメロ)
エンディングはリフのフレーズに合わせてrit。

ブルースは12小節の繰り返しですが、この曲はその12小節を
Aメロにして8小節のサビを追加し、12・12・8・12 計44小節が1コーラス目。


これをBlues・Beatlesというバンドがカバーしています。
面白いアレンジで、名前のとおり強いブルースフィーリングです。
リズムはシャッフル、いわゆる跳ねた4拍子です。
テナー&オルガンソロはそれぞれ12小節のブルース進行を2コーラスずつ。
ゴキゲン!!


この跳ねたリズムをジャズ4ビート風に書くと次のようになります。
跳ねたリズム


① 付点8分音符+16分音符 ― ゆっくりしたテンポ
② 3連音符の中抜き - ミディアムくらいのテンポ
③ 8分音符のまま - 超高速テンポ

「You Can’t Do That」の場合は3連音符中抜きで④のように叩いています。
ブルースではよくあるパターンです。

昔、ハコバンをしている時習っているドラム教室でジャズの4ビートは
「付点8分音符+16分音符の中で16分音符は
次の4分音符になるべく近いタイミングでを叩くこと」と習い練習しました。

テンポが遅ければ、複付点8分音符+32分音符の感じになるでした。

反対にBPM=180以上の高速テンポの場合は④8分音符+8分音符となります。
早いテンポのジャズでは明らかにタンタタタンタタと叩いています。
このSo WhatはBPM=260くらい。


昔「お前の4ビートはちんどん屋や」と言われ悔しい思いをしたことがあります。
チンドン屋の意味は4ビートのジャズで②を使っているという蔑みです。

跳ねるという譜割は厳密にいうと種類があるが、今では
②3連中抜きだけでもしっかりできればそれで十分と思っています。

譜面で⑤のように書いてあることがあります。
譜面では①表記だが②の感じですよという意味です。

ライブ 田中屋酒店

先週4月8日〈日)ライブをしました。

酒屋さんが経営する立ち飲み屋さんでは、到底考えられないような
ステージと設備があり、たくさんのお客さんで賑わいました。
(ほとんどが対バンの知り合いでしたけど・・)

それでも、来てもらったお客さんには感謝・感謝です。
ありがとうございました。
田中屋ライブ

ライブが終わって2~3日後
キーボードのウッチーが辞めたいとの話がありました。
ショックです。

彼女の良さを書くときりがありませんが、さおりんとのコンビは
まさにTWO SUNS。明るくてバンドの太陽そのものでした。

彼女もよくよく考えてのことでしょう。思いを尊重せんとあかんと思います。
結成から3年、かえってお礼を言わんとあきませんね。
ウッチーありがとね。
プロフィール

tucson

Author:tucson
好きな曲の範囲は狭く、主観的ですが音楽大好きです。
好きな曲のどこが好きになったか・・・を紹介したいです。

最新記事
訪問者数
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR